正しい天気予報の見方

時を知るものは雨に降られない!?時の表現について解説

すみえ
こんにちは!気象予報士の住友です。

朝から晴れて気持ちいいね~!
ディガンマ
すみえ
天気予報では、朝という言葉が使われる時間帯が決まっているの知ってる?
えー!!そんなの決まっているの?
ディガンマ
すみえ
知っていると雨に濡れる可能性が低くなるよ!

 

天気予報では時の表現が決まっている

「朝起きた」

「夕方に帰るね!」

「昼前だけどランチにしちゃう?」

など、日常生活で使う時を表す言葉。

 

天気予報の世界では、3時間毎に時間がしっかりと定義されています。

・0時~3時は「未明」

・3時~6時は「明け方」

・6時~9時は「朝」

・9時~12時は「昼前」

・12時~15時は「昼過ぎ」

・15時~18時は「夕方」

・18時~21時は「夜のはじめ頃」

・21時~24時は「夜遅く」

 

5時頃は夏至の頃だと明るくて「朝」って感じですし、冬至の頃だと真っ暗ですが、一年を通して気象的には「明け方」となります。

16時頃は、冬至の近くになると真っ暗になってしまって「夜のはじめ頃」のような印象になりますが、気象的にはやはり「夕方」です。

すみえ
天気予報では、季節に関係なく時を表現します。

夜更かしさんが2時頃を夜遅くと思っていても、気象的には「未明」になります。

 

特例のようなものもあります。

・12時前後を「昼頃」といいます。

昼前と昼過ぎの付近を昼頃といいます。

 

余談ですが、かつて「朝」「朝のうち」が使われていました。

しかし、日常生活でもあまり使わない「朝のうち」は、「朝」に変更されて現在に至ります。

 

長時間の時の表現もある

全ての時の表現を3時間ごとにするとゴチャゴチャして、逆にわかりにくくなることもあります。

連続したり隣り合った時間帯をまとめた表現もあります。

 

・0時~12時は「午前」

つまり未明から昼前までを午前といいます。

・12時~24時は「午後」

昼過ぎから夜遅くまでを午後といいます。

・9時~18時は「日中」

昼前から夕方にかけてを日中といいます。

・18時~24時を「夜」

夜のはじめ頃から夜遅くまでを夜といいます。

 

「午前」や「午後」に関しては、日常生活と同じなので混乱は無いと思います。

「日中」は、明るい間というイメージがあったり、人によって曖昧だったりします。

「夜」は、なんとなく日が沈んだらと思われていますが、きちんと時間が決まっています。

「夜」と「夜のはじめ頃」「夜遅く」は似た表現なので、同じようにとらえる方もいらっしゃいますが、正確に時間を知ることで行動計画が変わり、雨や雪に降られずにすむことが多くなります。

雨で濡れないように時の表現を意識してみるね!
ディガンマ

 

天気予報で使わない時の表現

普段の生活の中で使っても、天気予報では使わない表現があります。

・夜明け前

・夕刻

・夜更け

・深夜

などです。

意識して天気予報を聞いたりしていると、耳にしないことがわかると思います。

「夜明け前」などは、季節によって時間帯が変わり、天気予報の時の表現としては適切ではなさそうです。

すみえ
天気予報ではこうします!と時間を定義することで、どの時間帯にどういう天気になるのかを正確に伝えるんだよ。

 

まとめ

天気予報には、時間の表現が3時間ごとに決まっています。

連続したり、隣り合う時間帯についても時間の表現が決められています。

情報を発信する側が正確に伝えるのも大切ですが、受け取る側も正しく知ることで情報の価値がアップします。

 

すみえ
天気予報の時を知るものは・・・
雨に降られない確率がアップ!!
ディガンマ

 

天気予報があたっていても、情報を受ける側が時の表現について把握していないばかりに雨に降られてしまうことがあります。

天気予報を見たり聞いたりする際は、時間の表現を意識してみてくださいね!

-正しい天気予報の見方

© 2021 すすみえ Powered by AFFINGER5